アーユルヴェーダ大百科

アーユルヴェーダの基礎知識から、生活での実践方法まで幅広くご紹介!

*

お口すっきり!朝におすすめ舌磨き

   

お口すっきり!朝におすすめ舌磨き

1a7c8ad0a08181e87401b76a1ea6aa38_s

皆さんは「舌磨き」をご存知でしょうか。

その名の通り「舌を磨くこと」ですが、アーユルヴェーダでは歯を磨くのと同じように朝舌を磨くことをおすすめしているんです。

口の中の老廃物「舌苔(ぜったい)」

というのもアーユルヴェーダでは「朝は排泄の時間」。

朝起きると肌がべたついていたり、お手洗いに行きたくなりますよね。

なぜなら朝は夜のうちに新陳代謝によって作られた細胞の副産物や老廃物が体の外へと出てくる時間だから。

そして実は口の中でも同様のことが起こっています。

朝起きると口の中が舌が白く汚れていませんか??

この白い汚れは「舌苔(ぜったい)」と呼ばれるもの。

舌の表面の細胞や白血球などの垢、また食べ物の残りかすなどが混ざってできたものです。

舌苔は病的なものではないのですが、口臭の原因にもなるため舌磨きで除去することがおすすめです。

歯ブラシでは×!専用の舌磨きを使おう

普段歯ブラシで舌を磨く方も多いと思うのですが、歯ブラシだと舌苔を舌に押し込んでしまいうまく掃除ができないだけでなく、舌の表面を傷つけてし まう可能性があるため、あまりおすすめできません。

そこでおすすめなのが専用の「舌磨き」。

アーユルヴェーダでは銀製のタングスレーパーが紹介されることが多いですが、手に入りにくいのと高価なため、著者はドラッグストアで市販されている舌磨き(舌ブラシ)を使用しています。

また舌磨きをお持ちでない方はスプーンでも代用可能ですので、まずは試しにスプーンで行うのもいいかもしれません。

スプーンのへりで舌の表面をなぞり、舌苔をそぎ取りましょう。


毎日行っていると、口の中がすっきりするだけでなく、舌苔の量や色に差があることを感じることができます。

食べ過ぎた日や疲労がたまっている日は舌苔の量が多かったり、一方で調子が良かったり食事量を減らした日には量が少なかったりと自分の体のパラ メーターにもなる舌磨き。

一度始めると病み付きになること間違いなしです。ぜひお試しください!

参考文献:

上馬場和夫、西川 眞知子(1996)『インドの生命科学 アーユルヴェーダ』農山漁村文化協会

著者のサロン紹介
アーユルヴェーダ 東京サロン「カルム」

東京No.1の安さで、高品質なアーユルヴェーダをご提供します。全身オイルマッサージは5,900円、シロダーラは8,900円という格安価格。サロンは駅徒歩2分の好立地です。

 - 健康法