食後のアップルパイは食べちゃダメ⁉ | アーユルヴェーダ大百科

アーユルヴェーダ大百科

アーユルヴェーダの基礎知識から、生活での実践方法まで幅広くご紹介!

*

食後のアップルパイは食べちゃダメ⁉

   

食後のアップルパイは食べちゃダメ⁉

b1a6948b997989fccaf36dcff68e6129_s

いつのまにか11月となり、朝晩の冷え込みが厳しく感じる今日この頃。
外に出るとマフラーや手袋を身に付けている方もいて、秋から冬の装いへと着々と冬支度をしていらっしゃる方も多いかと思います。

そしてそんな冬の果物といえば「りんご」。同時にこの季節に多くのケーキ屋さんで見かけるのが「アップルパイ」です。
最近はアップルパイ専門店も増えているようですね。甘く煮たりんごはシナモンの香りやカスタードクリームと愛称抜群で、ついつい食後のデザートとして食べたくなってしまいます。

そんな魅力的な食後のアップルパイですが、実はアーユルヴェーダではNGかもしれません!

アーユルヴェーダ式果物のおすすめの食べ方!

アーユルヴェーダでは、果物は
① 完熟したものを
② 空腹時に
③ 生で
食べましょう、と説いています。

となると、ご飯を食べた後にオーブンで焼いたアップルパイを食べるのでは、①の「完熟したもの」という条件には適っていたとしても、②の「空腹時」と③「生で」には当てはまりません。。なぜ果物はこの条件で食べる必要があるのでしょうか?

食事のあるべき姿について言及し全世界で1,000万部以上を売り上げた『フィット・フォー・ライフ』という書籍の中でも果物の正しい食べ方として同じ条件があげられており、その理由が説明されています。

①完熟してなきゃダメ?

スーパーに行くと時々少し青いバナナが売っていますよね。
そんな青いバナナは果肉部のデンプン質がまだ糖に変化していない状態なんです。
ちなみに、私たちが食べ物から接種しなければならない栄養素は
・ブドウ糖:90%
・アミノ酸:4~5%
・ミネラル類:3~4%
・脂肪酸:1%強
・ビタミン類:1%以下
の5つ。
もっとも重要なブドウ糖を効率的に摂取するためにも、果物は完熟したものを食べることが望ましいと考えられています。

②空腹時じゃなきゃダメ?

果物は全体の約70%以上が水分です。そのため消化がとても早く、食べた後すぐに胃から腸へと移動します。
しかしもし胃の中に他の食べ物が入っている状態で果物が後から胃の中に入ると、胃から腸へと果物がスムーズに移動することができず、不用意に消化が遅れてしまうのです。
また単体で食べると消化が早い果物ですが、食後に摂取すると逆効果
これは『フィット・フォー・ライフ』には記載されていませんが、食後に水分を多く摂取すると胃から分泌される消化液を薄めてしまい消化が遅れると言われています。水分を多く含む果物でも同様のことが起こるため、食後の果物は先に食べたものの消化を遅らせてしまい、結果として消化不良や胸やけに繋がるのです。

③生じゃなきゃダメ?

ご存じの方も多いかと思いますが、食べ物の栄養は加熱調理や冷却処理によって破壊されてしまいます
また果物がもつ酵素には食べ物を分解する働きがありますが、その酵素も加熱・冷却により機能しなくなってしまうため、加熱すると消化により時間がかかってしまうのです。


 

果物の栄養素や効果を最大限享受するためにも、果物のおすすめの食べ方をアーユルヴェーダでは説いています。
体がお疲れの時や栄養不足を感じるときは、ぜひ熟れた果物をお腹が空いている時にそのままでお召し上がりください!

 

参考文献:

ハーヴィー・ダイアモンド,マリリン・ダイアモンド(2006)『フィット・フォー・ライフ-健康長寿には「不滅の原則」があった! 』グスコー出版

著者のサロン紹介
アーユルヴェーダ 東京サロン「カルム」

東京No.1の安さで、高品質なアーユルヴェーダをご提供します。全身オイルマッサージは5,900円、シロダーラは8,900円という格安価格。サロンは駅徒歩2分の好立地です。

 - 健康法, 食事法