アーユルヴェーダ大百科

アーユルヴェーダの基礎知識から、生活での実践方法まで幅広くご紹介!

*

美しく健康に!足のオイルマッサージ

   

美しく健康に!足のオイルマッサージ

6805e185d5a5e9ef902c3d2d283116c1_s

皆さんは普段足のケアを意識することがあるでしょうか??

顔や手などに比べて視線に入りにくい足は、なかなか意識がいかないかもしれません。

ただしアーユルヴェーダでは「足」を体の中で最も重要な部位の一つとしてとらえています。

その影響力は足をケアすることで体全体の調子が改善されるといわれるほど。

そこで今回は7月5日(日)開催のアーユルヴェーダ講座でもお話しした「自分でできる足裏&ふくらはぎのオイルマッサージ」をお伝えします!

足裏&ふくらはぎのマッサージ効果!

足裏&ふくらはぎのマッサージによる効果は多様です。

●慢性疲労
●腰痛・肩凝りの改善
●頭痛の解消
●冷え・むくみ
●ストレス・不眠

などなど様々な不調症状に効果的といわれています。

ただし筆者個人が考える最大の効果、それは「美脚効果」!!

というのも、足は体の中で最も老廃物が溜まりやすい部位。

老廃物が溜まりやすいため、太くなりやすい箇所でもあるのです。

その一方で足に溜まった老廃物をマッサージによって全身を巡らせて排出すれば、足はみるみる美しくなるのも事実。

また美脚効果だけでなく、老廃物を循環させることでデトックスにもなり、体の調子も整ってゆくのです。

今回お伝えするマッサージは両足合わせてたった5分程で十分なので、続けやすいのも魅力的です。

使用するオイルはオリーブオイル

まずマッサージに使用するオイルですが「エクストラバージンオリーブオイル」がおすすめです。

通常アーユルヴェーダでは白ゴマ油が使われることが多いですが、我が家ではより手に入りやすいオリーブオイルを使用しています。

またオリーブオイルには体の火照りを冷ましてくれる効果もあるので、これからの暑い季節にもってこいのオイルです!

皮脂と成分が近いため肌馴染みがよいのも特長で、皮脂に含まれた老廃物を浮かび上がらせることで肌を美しく保ってくれます。

簡単!オイルマッサージ方法

早速マッサージの方法ですが、マッサージする箇所は全部で6か所。

多いと感じるかもしれませんが実際にマッサージする時間は両足合わせて5分程です!

足裏とふくらはぎ全体に薄くオイルを伸ばしてからマッサージしていきます。

※オイルの量は少量でOKです。片足に対して大さじ1杯弱くらいで!

※足裏にオイルを塗るため、大変滑りやすくなっています。必ず座ってマッサージしてください!

①足裏

オイルマッサージ20150704イベント用

足裏の土踏まずのあたりを親指を使ってマッサージしていきます。

かかとの方から指先の方へ親指を滑らすようにマッサージしていきましょう。

強めの圧をかけてOK。足裏全体に溜まった血液やリンパ液を押し出すイメージで揉んでいきます。

土踏まずのマッサージは腎臓に働きかけるといわれているので、丁寧にマッサージして老廃物を濾過してくれる腎機能を高めましょう。

②足の甲

オイルマッサージ20150704イベント用2

「指の骨」と「指の骨」の間を指先から足首の方へ滑らすようにマッサージしましょう。

足の甲のマッサージははリンパ系全体の流れをよくしてくれるといわれています。

皮膚が薄い部分なので、爪などで傷つけないように気をつけてくださいね。

③ふくらはぎ内側

③

続いてはふくらはぎです。

ふくらはぎの内側の真ん中あたりに親指をセットして、下から上へとマッサージ。

丁度ふくらはぎの骨の横を滑らすようなイメージで刺激を与えていきます。

ふくらはぎ内側のマッサージは腸を整えてくれるともいわれているので、便秘がちの方におすすめです。

④ふくらはぎ外側

4オイルマッサージ20150704イベント用

ふくらはぎの外側は、真ん中よりも少し上のラインをマッサージしましょう。

場所は丁度ふくらはぎの骨のすぐ横に沿うようなイメージ。

ふくらはぎ外側は胃のラインともいわれていて、マッサージをすることで胃の働きを高めて消化力をアップしてくれます。

お腹の調子が悪いときは、ぜひマッサージしてみてください。

⑤ふくらはぎ裏側

オイルマッサージ20150704イベント用5

ふくらはぎの裏側に親指、もしくは親指以外の4本指を添えて下から上へとマッサージしていきます。

ふくらはぎ裏側のマッサージは膀胱系を刺激するといわれています。

冷たい飲み物をたくさん摂取しがちな夏は膀胱系が弱りやすいため、マッサージしてケアしてあげましょう。

⑥膝小僧の裏側

オイルマッサージ20150704イベント用6

膝小僧の裏側を親指、もしくは親指以外の4本指を添えて、下から上へと突くようにマッサージ。

ここにはリンパ節があり、いわばリンパ液のダムのような場所です。

リンパ節をマッサージすることで、①~⑤で下から上へと持ってきた老廃物を一気に上へ上へと送り出していきます。

マッサージは以上で終了です!

力加減はお好みですが、強くマッサージして問題ありませんので痛すぎない程度にマッサージして、体に刺激を響かせましょう。

いつマッサージする?

マッサージをするタイミングはぜひ「お風呂場で、シャワーを浴びる前に」がおすすめです!

というのもオイルは肌に塗った後に温めることでより肌に浸透するので、美肌効果が高まります。

またマッサージした後はいつも通りシャワーを浴びてボディソープで身体を洗ってOK!

ボディソープで身体を洗えば、オイルのぬるぬる感も残らず気になりません。

マッサージを続けることでボディラインの変化はもちろん、体の調子が改善されることを体感できます。

急激に暑くなって体調を崩しやすいこの時期に、ぜひ足のケアを取り入れてみてくださいね。

著者のサロン紹介
アーユルヴェーダ 東京サロン「カルム」

東京No.1の安さで、高品質なアーユルヴェーダをご提供します。全身オイルマッサージは5,900円、シロダーラは8,900円という格安価格。サロンは駅徒歩2分の好立地です。

 - マッサージ・トリートメント