アーユルヴェーダ大百科

アーユルヴェーダの基礎知識から、生活での実践方法まで幅広くご紹介!

*

寝付けない夜に『こめかみのマッサージ』!

   

寝付けない夜に『こめかみのマッサージ』!

aa09a02f1cd199fd924418fd5a7c32ab_s

皆さんは頭が重く感じる時や頭痛がする時、気付かないうちにこめかみを押さえていることはありませんか?

「こめかみを押さえると、何だか頭がすっきりする」と感じたことがある方は、少なくないのではないでしょうか。

こめかみは東洋医学では「太陽」と呼ばるツボであり、「刺激することで眼精疲労や頭痛の軽減につながる」といわれています。

そして実はアーユルヴェーダにもツボと同じような考えがあり、「こめかみ」は重要な体のポイントとして考えられているのでご紹介いたします。

こめかみ&耳周りのマッサージでスッキリ快眠!

アーユルヴェーダでは、体には「マルマ」と呼ばれるエネルギースポットがあると考えられています。

「マルマ」は「急所」という意味であり、強い刺激を加えると体にダメージを与えてしまうポイントである一方、正しい刺激を与えることで様々な不調やストレスを取り除き、身体を快調な状態へと導いてくれるポイントです。

そして今回のテーマであるこめかみは「頭痛解消・睡眠を促す」ポイントとしてアーユルヴェーダでは紹介されています。

以前頭と体をスッキリ!耳のマッサージでもご紹介したように、アーユルヴェーダでは「耳」が重要な部位として認識されており、下の図のように、こめかみのほか耳の上や下など耳周りに主要なマルマが点在しています。

耳周りのマルマ

耳周りのマルマの効果は

・頭痛の軽減

・睡眠を促す

・リラックス

・精神の集中

など頭や精神的な疲れの解消に役立つポイントなので、仕事の最中や就寝前にマッサージをしてあげることがおすすめです。

マッサージの仕方は人差し指、中指、薬指の3本の指を使って円を描くように優しくマッサージをするだけ。

とても簡単なので、ふと疲れを感じた時にぜひお試しください!

 

 

参考文献:

デイヴィッド・フローリーほか(2009)『アーユルヴェーダとマルマ療法』産調出版

樋口賢介(2012)『HIGUCHI式アーユルヴェーダヘッドスパ』BAB出版

著者のサロン紹介
アーユルヴェーダ 東京サロン「カルム」

東京No.1の安さで、高品質なアーユルヴェーダをご提供します。全身オイルマッサージは5,900円、シロダーラは8,900円という格安価格。サロンは駅徒歩2分の好立地です。

 - マッサージ・トリートメント