アーユルヴェーダ大百科

アーユルヴェーダの基礎知識から、生活での実践方法まで幅広くご紹介!

*

疲労解消&美脚になる!かんたん足裏 ストレッチ

   

疲労解消&美脚になる!かんたん足裏ストレッチ

7a9d62cebbb8165899a5fa04c4b7841c_s

真冬本番といった冷え込みの厳しい日が続いていますね。

こうも寒いとどうしても全身に力が入ってしまい、いつもより肩凝りがひどくなったり、冷えとむくみで足がパンパンになってしまう方も多いかと思います。

本日はそんな時におすすめな全身の疲れやだるさ、また冷えやむくみを解消してくれる「足裏ストレッチ」をご紹介します。

1日5分!かんたん足裏ストレッチ

今日ご紹介する足裏ストレッチは理学療法士である湯浅慶朗先生が自身の著書『一生元気でいたければ足指を広げなさい』で紹介されているもの。(本の中では【ひろのば体操】という体操名で紹介されています。)

誰もが一度はやったことがあるとても簡単なストレッチですが、実は疲労解消への効果が高いこの体操。

早速やり方をご紹介します!

①椅子か床に座り、片方(ストレッチする方)の足を反対側の太ももの上に乗せる

②足指の間に手の指を入れる

※左足には右手、右足には左手で

※手の指が足指の付け根に寄りすぎないように。付け根に少し空間が空くぐらいにセット

足裏1

③手で足指をやさしく握る

足裏2

④足指を甲のほうへ反らして5秒キープ

足裏3

⑤足指を足裏のほうへ曲げて5秒キープ

足裏4

⑥片足につき2分程繰り返し行う
驚く程簡単ですよね??運動前のストレッチなどで同じようなストレッチをしていた方もいるかもしれません。

湯浅先生はこの足裏ストレッチを続けることで様々な症状が改善されるとおっしゃっています。

足裏ストレッチを続けることで改善される症状(一例)

・腰痛・ヘルニア
・ひざの痛み・股関節痛
・むくみ
・肩こり・首のこり
・O脚・X脚
・体の冷え、等

でもなぜ足裏を伸ばすことが腰痛や肩こり、はたまたむくみなどにも効果的なのでしょうか??

足のバランスを整えると全身のバランスが整う!

湯浅先生曰く、足は全身の体重を支えている体の土台。

その土台のバランスが崩れて歪みが生じてしまうと、足より上の部位で無理にバランスを取ろうとして筋肉や骨格に負荷がかかり首のこりや肩こり、腰痛につながるとのこと。

また同時に足裏と繋がっているふくらはぎの筋肉が充分に収縮できず、リンパの流れや血流が滞り冷えやむくみを引き起こすのです。

湯浅先生が考えるバランスの良い足とは

・足指が伸びていて指の間に適度にすきまがある状態

・①親指から小指にかけてのアーチ、②かかとから親指にかけてのアーチ、③かかとから小指にかけてのアーチ、この3つのアーチがある状態

足裏5

足に3つのアーチがあることで、カメラの3脚のように安定して体をバランスよく支えることができます。

そしてこのアーチは、足裏ストレッチで足指をしっかりと伸ばす習慣をつけることで自然とできてくる、とおっしゃっています。

アーユルヴェーダでは体の中で最も重要な部位の1つとして考えている足裏。

お風呂の中で、またテレビを見ながらなどどこでも簡単にできるストレッチですので是非お試しください。

 
参考文献:湯浅慶朗(2015)『一生元気でいたければ足指を広げなさい』あさ出版

著者のサロン紹介
アーユルヴェーダ 東京サロン「カルム」

東京No.1の安さで、高品質なアーユルヴェーダをご提供します。全身オイルマッサージは5,900円、シロダーラは8,900円という格安価格。サロンは駅徒歩2分の好立地です。

 - ダイエット, マッサージ・トリートメント, 健康法