アーユルヴェーダ大百科

アーユルヴェーダの基礎知識から、生活での実践方法まで幅広くご紹介!

*

アーユルヴェーダフード「生」蜂蜜!

   

アーユルヴェーダフード「生」蜂蜜!

509aa079bae812f2016c76307acbed92_s

皆さんは蜂蜜を召し上がる機会はありますか?
アーユルヴェーダではスーパーフードとも呼ばれ、体に滋養をもたらしてくれる蜂蜜ですが、アーユルヴェーダで使われる蜂蜜は「生」蜂蜜であり、通常の蜂蜜とは少し異なるのでご紹介します。

「生」蜂蜜って何??

「生蜂蜜」と聞くと、蜂蜜に生も生じゃないもあるの?と思いますよね。

通常の「蜂蜜」と「生蜂蜜」との違いは、ずばり「加熱されたかどうか」

スーパーなどで市販されている殆どの蜂蜜は「加熱処理された蜂蜜」ですが、蜂蜜専門店や健康食品等では「加熱処理されていない蜂蜜」も販売されており、こちらが「生蜂蜜」と呼ばれています。

ではアーユルヴェーダではなぜ「生蜂蜜」にこだわるのでしょうか?

加熱した蜂蜜は老化促進剤!?

アーユルヴェーダが「生蜂蜜」にこだわる理由は大きく別けて2つあります。

①加熱することで栄養が激減!

加熱していない生蜂蜜には、酵素・乳酸菌等の有効成分が生きています。

しかし生蜂蜜を加熱したり約40℃以上のものと混ぜてしまうと、温度に敏感な酵素と乳酸菌類は死滅し激減してしまうのです。

せっかくの栄養成分を壊してしまうのは何とももったいないですよね。

②加熱することで「老化促進剤」に!?

AGEsという言葉を聞いたことがあるでしょうか?AGEs(終末糖化産物)とは「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」であり、老化を進める原因物質として知られています。

AGEsは体内から排出されにくい物質であり、AGEsが体内に蓄積することで、肌や髪、骨など全身の老化を進行させ、さらに体調不良や様々な病気(糖尿病、高血圧、がん、認知症等々)へと繋がると考えられているため、あまり摂取したくない物質です。

多くの食材に少なからずAGEsは含まれているのですが、実はAGEsには「加熱することで増加する」という特徴があります。

蜂蜜の場合、生蜂蜜を100℃で30分熱するとそのAGEs含有量は約8倍増加したという研究結果が出ているのです。


 

アーユルヴェーダでは「加熱した蜂蜜は体にとって毒になる」ともいわれています。

実際のところ、市販の加熱処理された蜂蜜を食べて体調不良になった、という報告はなかなか聞かないため、そこまで神経質になることはないと思うのですが、自分へのご褒美などで栄養満点の生蜂蜜を生活に取り入れるのもいいかもしれません。ぜひお試しあれ!

参考文献
小川弘子ほか(2008)『アーユルヴェーダの概念と現代医学の対応– アーマとAGEs の類似性およびウコンによるAGEs生成抑制』第30回日本アーユルヴェーダ学会大阪研究総会抄録集 pp25
AGE測定推進協会「AGE(終末糖化産物)とは」2015年10月閲覧
欧州基準生はちみつ専門店才色兼備「生はちみつ 良い食べ方」2015年10月閲覧

著者のサロン紹介
アーユルヴェーダ 東京サロン「カルム」

東京No.1の安さで、高品質なアーユルヴェーダをご提供します。全身オイルマッサージは5,900円、シロダーラは8,900円という格安価格。サロンは駅徒歩2分の好立地です。

 - 健康法, 食事