アーユルヴェーダ大百科

アーユルヴェーダの基礎知識から、生活での実践方法まで幅広くご紹介!

*

本の紹介『毒出し習慣で朝、生まれたての体になる!』

   

【ジャンル】
アーユルヴェーダ実践法

【タイトル】
毒出し習慣で朝、生まれたての体になる!

【著者】
木内麗子

【出版社】
株式会社メディアファクトリー

【発売日】
2012年2月

【こんな方におすすめ】
「アーユルヴェーダに興味はあるけど、まずは何をすればいいのかな?」
「自分流にアーユルヴェーダを実践しているけど正しいのかな?」
といった疑問をお持ちのアーユルヴェーダ初心者の方

イラストレーターである木内麗子さん著作のコミックエッセイ。

ご本人が体調不良で日々悩まされていた時に偶然アーユルヴェーダと出会い、その後日々の生活の中で少しずつアーユルヴェーダを実践してゆく様子がおもしろおかしく描かれています。

アドバイザーとしてマハリシ南青山プライムクリニック院長である蓮村誠先生も参加されており、キャラクターとして蓮村先生も出てきますよ。

エッセイの中でメインで取り上げられている実践法は「白湯」、「体を温める食事法」、「ごま油でのフットマッサージ」の3点。

しかし、そのほかにもギーの活用法やごま油でのうがいなど、様々な小トピックが記されています。

この本で感じることは「アーユルヴェーダは気軽に実践してOK」ということ。

生活にアーユルヴェーダを取り入れようと思うと、「ゴマ油の熱処理ってどうやるの?」「ギーを作るのって大変そう。。」など、準備が難しいイメージが先行して敷居が高いように感じてしまいがちです。

しかし木内さんのエッセイでは「本人がどう実践したか」をイラストを用いてわかりやすくシンプルに説明されています。

「何が必要なのか」「どこで買えるのか」「どれくらいの時間がかかるのか」といった具体的な経験が漫画で描かれているので、実践方法がイメージしやすいのです。

そして「絶対にこうしなければならない」という風にストイックにアーユルヴェーダを実践されているのではなく、「今の生活でやれることをやる」という適度なゆるさを感じることができるため、「自分でもできるかも」という意欲を掻き立てます。

既にご自身でアーユルヴェーダを実践されている方にとっても、「自分の方法はあってるのかな?」と見直すきっかけになったり、「こんなに簡単な方法があったんだ!」と新たな発見があるかもしれません。

1時間もしないで読み終えることができますので、気分転換したい時やリラックスしたい時におすすめの1冊です。

著者のサロン紹介
アーユルヴェーダ 東京サロン「カルム」

東京No.1の安さで、高品質なアーユルヴェーダをご提供します。全身オイルマッサージは5,900円、シロダーラは8,900円という格安価格。サロンは駅徒歩2分の好立地です。

 -