アーユルヴェーダ大百科

アーユルヴェーダの基礎知識から、生活での実践方法まで幅広くご紹介!

*

オリーブオイルでメイク落とし!

   

オリーブオイルでメイク落とし!

cf507db1382bd99159e5ebe18706df0e_s
突然ですが、仕事が終わって帰宅した夜、早速メイクを落とそうとしたら「メイク落としがない!」という時、どうしますか??

答えはそう、台所にある「オリーブオイル」を使いましょう!

ちなみに上記の状況は実際にあった筆者の体験談です。

「これからメイク落としを買いに行く元気はない。。」と絶望していた時、「アーユルヴェーダのオイルマッサージは肌の浄化のためでもあるし。。普通のオイルってメイク落としにも使えるんじゃない!?」と都合よく解釈し、台所にあるオリーブオイルを手に取った次第です。

そしていざ実践。

結果は使用感ばっちり!メイクも見事に落ちた上、普段のメイク落とし以上に肌が潤ったような気も。

アーユルヴェーダでも多用されるオリーブオイル。そのメイク落とし活用法と効能をご説明いたします。

f382c156ea28d10af2618aec34739f16_s

「オリーブオイルでメイク落とし」の方法

使い方は簡単!

①オリーブオイルを適量手に取り、メイクに馴染ませながら顔をマッサージ

②ぬるま湯を少量手に取り、肌についたオリーブオイルを乳化させるように馴染ませながら再度顔をマッサージ

③ぬるま湯で洗い流す

④普段使用している洗顔フォームで丁寧に洗顔

オリーブオイルでマッサージをしている時は、「このべたべた落ちるのか。。?」と不安になりますが、その後に丁寧に洗顔すればオイル感やベタベタ感は残りませんのでご安心ください。

「オリーブオイルでメイク落とし」の効能

当初は「メイクが落とせればいいや!」くらいの気持ちで使ってみたのですが、調べてみるとオリーブオイルには嬉しい効果もあるようです。

界面活性剤が入っていないため、肌に優しい
通常のクレンジングオイルには洗浄力の強い界面活性剤が入っています。
この界面活性剤は肌の保湿に必要な皮脂も落としてしまうため、肌の乾燥を招くことに。
しかしオリーブオイルには界面活性剤が入っていないため、適度の皮脂を保ち肌を丈夫にしてくれます。

オレイン酸が「保湿」と「毛穴の黒ずみ」に効く
オリーブオイルの成分の約70%を占めるオレイン酸。
実はオレイン酸は皮脂の約40%を占める成分でもあるので、オリーブオイルは皮脂と馴染みやすく、毛穴の黒ずみや角栓を浮かせる作用があるのです。
またオレイン酸は保湿力が高く、乾燥や汚れから肌を守ってくれるため、乾燥肌や敏感肌の方にもおすすめです。

「オリーブオイルでメイク落とし」の注意点

ニキビがある方はオリーブオイルでのクレンジングは×
上記のオレイン酸ですが、ニキビを引き起こすアクネ菌の餌となってしまうので、ニキビがある方や肌荒れが気になる方は止めておいた方が良いでしょう。

ウォータープルーフや濃いメイクには×
ウォータープルーフのメイクやしっかりメイクはオリーブオイルで落としきれない場合があります。
メイクを落としきれていないと肌荒れの原因にもなりますので、その際は市販のメイク落としをご使用ください。

古いオリーブオイルは×
オリーブオイルは酸化しにくいオイルと言われていますが、それでも酸化はしますし、酸化すると菌が繁殖しやすくなります。
食用として使用する場合オリーブオイルの賞味期限は1年間~2年間ですが、メイク落としに使う際は可能であれば開封から1~2ヶ月以内のものにした方が良いかもしれません。

dd75dbd68537255885924dc05772cfb0_s

食用のオリーブオイルでも良いの?

オリーブオイルには食用と化粧品用があります。
「食用を使っていいのか」という点は意見が分かれるところですので、最終的にはご自身のご判断にお任せとなってしまいますが、筆者の場合は食用を使用して問題ありませんでした。
数ヶ月以上に渡り食用オリーブオイルでメイクを落としていますが、シミができたり肌が荒れたり、ということはない状況です。

またいざスーパーでオリーブオイルを買おうと思うと色々な種類があって迷いますよね。
日本で手に入るオリーブオイルは以下の3種類のようです。
①エクストラバージンオリーブオイル
一番搾りのオイル。酸度(酸化の度合い)が低く、風味も栄養価も高い。
②オリーブポマースオイル
「一番搾りのオイル」と「二番搾りのオイル」を混ぜたもの。酸度(酸化の度合い)は低いが、風味や栄養価は低い。
③ピュアオリーブオイル
「一番搾りのオイル」と「食用向けでないオリーブオイルを精製処理したもの」を混ぜたもの。酸度(酸化の度合い)は低いが、風味や栄養価は低い。

明確にどれが良い、という基準はありませんが、やはり栄養価が最も高い「エクストラバージンオイル」がおすすめです。

 

身近で絶大な効果があるオリーブオイル。

「身近で効果あるもの」を活用するところがアーユルヴェーダの魅力でもあります。

オリーブオイルは通常のメイク落としよりも安価なこともあり、我が家では洗面所に常備しております。

お肌にもお財布にも優しいオリーブオイル、よろしければぜひお試し下さいね。

※オリーブオイルによるメイク落としの使用感には個人差があります。ご自身の判断でご使用のうえ、お肌に合わないと感じた際はすぐに使用を中止してください。

著者のサロン紹介
アーユルヴェーダ 東京サロン「カルム」

東京No.1の安さで、高品質なアーユルヴェーダをご提供します。全身オイルマッサージは5,900円、シロダーラは8,900円という格安価格。サロンは駅徒歩2分の好立地です。

 - オイル, 美容 , , ,